赤で答えを書いちゃダメ

ワークと言われる学校で配られる問題集
学習が進むとワークも並行してやっていきます
その時
答え合わせをするわけですが
中1の1学期の時点で
多くの子、というかほぼ全員が
「間違えた問題の答えを赤で書いちゃう」
ことをします

やり直せない

答えを書いちゃったら
後でやり直しができない!
答えを隠すなんて手間をかけるよりも
最初から


「答え合わせで間違ってたらバツだけつける」

なんでこうなっちゃたんだろ?

中1の1学期の時点で
こうなってるってことは
その前か、別の場所で
こういう所作を学習してしまったわけですが
まあ、犯人捜しは無理なので
軌道修正することを考えていきましょう

答え書くな

バツをつけるのに抵抗感がある空気も、
この学習法を後押ししていると考えています

「バツ」が嫌なら
「☆」でもいいです
答え、書かなきゃ大丈夫

ワークを見ることがある人達の協力をお願いしたいと思っています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。